文様について

着物や帯の柄には日本の伝統文様が使われています。四季の花、動物、古人の生活用品などを模様として描いた文様には、縁起をかついだり、幸せへの願いなどが込められています。奥ゆかしく美しい文様とそれに纏わるストーリーもお楽しみください。

  • 橘はみかんの一種で、不老長寿の意味を持っています。格調の高い吉祥文様の一つとして振袖や留袖、訪問着などに用いられております。
  • 桜には「豊かな人生を授ける」という意味があります。名実ともに日本を代表する花と言えます。桜の文様は五穀豊穣を表した吉祥文様でもあります。
  • 吉祥文様の一つである鶴は、振袖の柄にもよく使われるモチーフの一つでもあります。「長寿」、「天と地をつなぐ存在」、「夫婦円満」という4つの意味を持ち、おめでたい席に着る着物の柄には欠かせない定番文様です。
  • ダリア

    ダリアは大正期から着物の柄として用いられました。花言葉的には「華麗」、「優雅」などと表現されます。
  • 竹はとても早く成長する植物で「威勢がよい」、そして節があることから「節度がよい」、さらに青いことから「清浄である」とされ縁起物として数多くの着物・和柄で使われています。
  • 亀甲

    亀の甲羅のことです。「鶴は千年、亀は万年」という言葉があるように、 長寿吉兆の縁起の良いものとされてきました。縁起のいい柄である吉祥文様の一つでもあります。
  • 古くは皇室にゆかりのあるものだけに許された文様で菊と同じく格式高い文様です。桐の木は箪笥や下駄や琴の材料となり日本文化と縁の深い植物で神聖化されていました。
  • 桔梗

    秋の七草の一つで、古来から愛好されてきました。美しいだけではなく、薬用効果も高いことから縁起が良い植物とされ、吉祥文様の一つでもあります。
  • 楓の代表は紅葉(もみじ)と呼ばれ、古来よりその色や形が愛でられてきました。秋の風情を感じさせてくれる文様です。